« $カブココ$:7月27日(水) | トップページ | $カブココ$:7月29日(金) »

2005.07.29

$カブココ$:7月28日(木)

【今日の成果】
4759:ライブドアM +570
計:+570

【保有銘柄評価損益】
ダイア建設:-1703
計:-1703

【大引け&明日は…】
○4753:ライブドア
始:470(-5) 高:472
終:466(-9) 安:466
結果=ハズレ。ははは、さすがにもう上がりませんでした。
 板:売り優勢。
 分足:寄付き直後以外は、466-470の展開。
 日足:5つ目の山頂を作ったね。上ヒゲのみ。三川宵の明星(下げ)。
 価格帯:465-469の2000万壁。
 ニュース:希望していた2ギガヘルツ帯が望み薄となった
予想=下げ(2000万の壁は厚いね)

○8858:ダイア建設
始:169(0) 高:170
終:169(0) 安:168
結果=ハズレ。終値は前日と同じ。内容は下げって感じだけどね。
 板:売り優勢。
 分足:終始168-170の展開。。。
 日足:25日線と75日線のデッドクロスを確認。十字線。やや上ヒゲ長い。
 価格帯:170-174に1400万の壁。
 ニュース:なし
予想=下げ(絶対。。。下げちゃう。。。)

○4759:ライブドアM
始:5100(-60)  高:5900
終:5560(+400) 安:4820
結果=アタリ。6000円台目前だったのにね。
 板:買い優勢
 分足:低く寄り付いたものの順調に上昇。十四時過ぎに急騰。すぐに下げたが、上昇して終わる。
 日足:出来高急増。
 価格帯:雲を抜けた。5500-5599に100万の壁。
 ニュース:なし
予想=下げ(値上昇に加え、出来高急増!もう下げるしかないね)

○8571:ニッシン
始:235(0)  高:240
終:238(+3) 安:234
結果=アタリ。1800万の壁は越えたか!?
 板:売り優勢。
 分足:前場235>240>235。後場上昇。
 日足:続伸。やや上ヒゲ長い。赤三兵。
 価格帯:236-237に1800万の壁。
 ニュース:なし
予想=上げ(237を突破したことで、下げの可能性は低いか)

○9609:ベンチャーリンク
始:255(+1) 高:262
終:262(+8) 安:254
結果=ハズレ。800万の壁を越えたね。
 板:売り優勢。
 分足:258円止まりの値が、十四時過ぎに254円まで下げて急騰!出来高も急増!
 日足:5日線を抜けた。
 価格帯:266-267に600万の壁。
 ニュース:上昇する25日線がサポートに。立花証では投資判断を「強気」としているようだ。
予想=上げ(なぜ上がった????♪なんでだろう~)

若林史江の株レッスン儲かる素人養成講座
若林史江の株レッスン儲かる素人養成講座/若林史江

東京株式市場・大引け=小幅続伸、ハイテク決算控え伸び悩む◇ロイター
2005年07月28日 17時44分

日経平均 日経平均先物9月限終値  11858.31 +23.23 終値   11850 +10寄り付き 11881.86 寄り付き 11880高値/安値 11853.62─11889.86 高値/安値 11840─11890出来高(万株) 195571 出来高(単位) 30460--------------------------------------------------------------------------------[東京 28日 ロイター] 東京株式市場は、小幅続伸。日経平均は終値で4月8日以来の水準を回復した。朝方は米国株高や円安などを手掛かりに幅広く買われた。しかし、1万1800円―1万2000円は需給面での抵抗帯として意識され、戻り売りが上値を抑えた。後場に入って三菱電機<6503>、日立製作所<6501>などが決算悪から売られると、引け後のソニー<6758>などハイテク決算に対する警戒感が出て伸び悩んだ。


東証1部の騰落数は、値上がり754銘柄に対し値下がり731銘柄、変わらず160銘柄だった。


外国人の買いが先行し、朝方は上値追いの展開となった。日経平均は一時、前日比54円高まで買われる場面もあったが、「買いが一巡すると動きが鈍った。1万1800円台は強弱感が対立する水準で、戻り売りも多い」(準大手証券)との声が出ていた。


この日の悪役となったのはキヤノン<7751>。27日に発表した決算で、第2・四半期(4―6月期)の営業利益が会社計画を下回ったうえ、通期の営業利益予想も減額したことが嫌気され大幅安となった。安寄り後は売買が交錯し、東証1部の売買代金でトップとなっている。利益横ばいだったシャープ<6753>もさえない動きだった。


市場からは、「高い成長を続けてきた企業が、事業の一部が足を引っ張ったとは言え数値が伸び悩んだのは事実であり、その点から利益確定売りを誘った」(準大手証券アナリスト)との指摘が出ていた。


個別では、エス・サイエンス<5721>、シルバー精工<6453>、住友金属工業<5405>、川島織物<3009>などの商いが膨らんだ。富士通<6702>、アドバンテスト<6857>、住友鋼管<5457>が高く、三菱東京FG<8306>、三井住友FG<8316>などの銀行株もしっかり。半面、キヤノン、アンリツ<6754>が大幅安。三菱電機<6503>、日立製作所<6501>、住商情報システム<9719>もさえない。

|

« $カブココ$:7月27日(水) | トップページ | $カブココ$:7月29日(金) »

コメント

コメントを書く



(ウェブ上には掲載しません)




トラックバック

この記事のトラックバックURL:
http://app.cocolog-nifty.com/t/trackback/47039/5209712

この記事へのトラックバック一覧です: $カブココ$:7月28日(木):

« $カブココ$:7月27日(水) | トップページ | $カブココ$:7月29日(金) »