2004.08.08

飼い「猫」にかまれる

なんていう目覚めなんでしょう。今日は週に1度の休日だというのに。いつもよりは少し遅くまで寝てマドロミを楽しんでいたいのに。

午前8時。まだベッドから抜け出さずにいました。その時、悲劇は起こりました。
左側頭部に激しい痛みが走りました。略して、激痛です。
寝ているときに思いもよらない事態になると、超ビックリしますね。
足がつったりとか。一瞬にして状況把握できないですよね。

「な、何なんだ!?この痛みは?」
と、思うのもつかの間、今度は胸に!激痛です。
胸キュンです。いや、かなりの痛みだったので、胸ギュンです。
さすがに、飛び起きました。

あたりを見回すと…。
生後4ヶ月のアメリカンショートヘア。♀。名前はモモ。
こやつです。こやつが、オイラの左側頭部と胸に牙をたてていたのでした。
まだまだ噛む加減を知らないのか、普段、じゃれていている時もかなりの勢いで指とか噛んできます。

こやつ、猫のくせに、犬みたいに、舌を出して、ハァハァ言います。
飛び起きざまに「モモ!」と叱っても、お座りして「ハァハァ」といつもの調子。
なんだか肩透かし…。
ケロッとしてます。

この噛みグセをなんとかしなければ…。(-_-;;)



| | コメント (0) | トラックバック (0)